アーユルヴェーダの効果

シロダーラの効果や効能と自宅で自分でやる方法!オイルの作り方も

アーユルヴェーダの施術の一つであるシロダーラとは、脳のオイルマッサージと言われるほどリラックス効果が高く、心地の良いエステです。

なので、そのシロダーラの効果や効能、料金や体験した人の感想、男性にも効果があるのかについて気になりますよね。

また、シロダーラを自宅で自分でやる方法としてスタンドなどマシンや道具、器具、機械などもどんなものを揃えればいいか分かれば嬉しいですよね。

そこで今回は、シロダーラの効果や効能と自宅で自分でやる方法や、オイルの作り方について詳しくお伝えしていきます。

アーユルヴェーダのエステ「シロダーラ」とは脳内のオイルマッサージ!日々の疲れをとって脳の活動が効率的になる効果・効能も

世界三大医学のひとつである「アーユルヴェーダ」の中でも究極の癒しと言われる「シロダーラ」とは、脳内にオイルを浸透させるエステです。

「シロ」とはサンスクリット語の「Shiro(頭)」を意味し、その名のとおり頭に対する施術を行います。

そして、体の「気」の中枢である「チャクラ」のうち、額の中心にある「第三の目」と呼ばれる第六チャクラに一定の時間、一定の温めたオイルを流すことで刺激します。

この第六チャクラは、現代医学的には脳へアプローチするスポットになり、今注目されている「瞑想」状態へと導きます。

それによって心や体に対して大きな良い影響があり、じわーっとしたオイルの圧がチャクラの神経を鎮静し、

・神経疲労の改善

・頭痛の改善

・不眠症や寝つきが悪い人の眠りの質改善

などなど、様々な効果が期待でき、手では届かない脳へのマッサージを行って、ふだん休みを取りづらくなっている現代人の脳を究極的にリラックスさせます。

それによって脳の機能を活性化し、集中しやすく直感力を高める効果も期待できます。

実際に日本シロダーラ協会が行ったシロダーラの効果検証実験では、37名の男女が約20分ずつ実施したところ、

・14名がリラックスしている時に出る脳波のアルファ波が増加

・19名が脳が活動している時に出る脳波であるベータ波が減少

・25名が深くリラックスしていて覚醒と睡眠の間に出る脳波であるシータ波が増幅

といった結果になったそうです。

一般的には難しいとされているシータ波の増幅がこれだけの人数に見られるとは、すごいですよね!

シロダーラはすべての体質におすすめ!

アーユルヴェーダでは身体の傾向である体質を「ドーシャ」と呼び、「ヴァータ」「ピッタ」「カパ」の3つに分けますが、シロダーラはピッタ体質の方に特におすすめです。

この体質の方はバランスを崩すと、眼精疲労や皮膚の炎症、肩や背中、首のハリ、頭痛などが現れやすいことが特徴です。

それから、この体質でなくても、真夏に太陽(火のエネルギー)の光を多く浴びると、体に熱がこもり、ピッタ的な症状が現れやすくなります。

また、現代人は長時間に渡るPC作業が多い方や、一日中スマホやテレビを見たりと、何かと目が疲れている方が多いですが、こうした方は季節限らずピッタが過剰になっています。

なので、シロダーラは現代病である目や頭、首周りの症状にとても有効で、こうした症状を感じている方ならどんな体質の方にもオススメなんですね!

アーユルヴェーダのシロダーラを体験した方の感想は?男性にも好評!

前述でお伝えしたシロダーラの効果実験によると、男性女性限らず確かな効果が認められたのでしたね。

そして、体質に関わらず目や頭を中心とした疲れを感じている方に効果が期待できるとのことでした。

そんなシロダーラですが、実際に体験した方の感想や評判をチェックしてみたところ、次のように様々なコメントがありました。

・起きているけど寝ているような覚醒状態

・頭が驚くほど軽くすっきりした状態になった

・首や肩だけでなく、脳のコリや緊張もほぐされた

・血液の循環が良くなって顔色が良くなった

・ドライヘアがつやつやの髪に改善された

・足のむくみ、腸のむくみがとれた

・花粉症まで改善した

・週3回受けたら睡眠導入剤がいらなくなった

頭にオイルをたらすだけでこんなに効果があるとは驚きですよね!

こうしてリラクゼーションをして、わかりやすいコリやむくみなどの改善がとれると、身体と心がゆるんで、エネルギーの流れが良くなるので、毒素も排出されやすくなります。

そして、きれいになった身体で必要な栄養を吸収して、病気にかかりにくく、パフォーマンスの良い身体づくりができるようになるんですね。

アーユルヴェーダのシロダーラをサロンで受ける料金は大体1回1万円!自宅で自分で行う方法にはスタンドなどマシンやオイルやタオルなどの道具が必要!

シロダーラを自宅で行う時にはシロダーラマシンが必要!

シロダーラをサロンで受けようとすると、施設にもよりますが、だいたい1回1万円くらいかかるところがほとんどです。

それに、時間もある程度かかるので、自宅で自分で気軽に行いたいという方は、

・シロダーラマシン(またはシロダーラスタンド)

・オイル

・タオル

これらが揃えばできます。

シロダーラマシンとは、シロダーラを行うために設計された機械で、時間設定やオイルの温度調節、ヘッド部分の長さ調節が自由に変更できるようになっています。

使い方はとっても簡単で、シロダーラマシンを自分の好みに設定した後は、サロンでの施術と同じようにオイルを額に垂らし続けるだけでOKです。

ただし、シロダーラは1リットルほどのオイルを垂らし、それをまた温め、繰り返し垂らすといった風に行いますので、途中のオイル補充や温度管理にもう一人必要になります。

そのため、自宅で自分で行おうとすればできないこともないのですが、一人きりで行うことは不可能ということになりますね。

使用するオイルはごま油、ひまわり油、オリーブオイル、ココナッツ油、ギーなどが代表的!

シロダーラは、サロンに行くとまずはしっかりとした問診を行った上で、心と体の状態を確認し、今過剰になっているドーシャを鎮静するためのオイルを調合します。

使用するオイルの種類としては様々で、ごま油、ひまわり油、オリーブオイル、ココナッツ油、ギーなどが代表的で、ごま油は透明に近く香りがない太白ごま油を使います。

こうしたオイルのチョイスはシロダーラの施術を行う上でももっとも重要な部分で、受ける人の体の状態にぴったり合ったものを使わないとなりません。

一般的にはヴァータ体質の方には太白ごま油、ピッタ体質の方にはオリーブオイルやココナッツ油が適していると言われていますが、季節やその時の状態を組み合わせて慎重に選びます。

また、新鮮な牛のミルクや水、生姜、アロエなどを調合して使用することもあるのでおもしろいですよね。

こうしたオイルをベースに、薬草を煎じた薬草オイルをセラピストが調合して、1リットルほどのオイルをたらし、落ちてきたオイルをまた温めて、もう一度入れ直してと循環させます。

ただし、薬草は自宅で使うように手に入れることは難しいので、セルフで行う時は太白ごま油やココナッツオイル、オリーブオイルなどの食用を買ってきて行うしか方法がありません。

また、サロンで行うと首やデコルテ、頭を入念にマッサージしてもらって、最後にシロダーラを行います。

このように、問診、リラックスできる環境の準備、マッサージ、施術といったプレミアムなサービスも含めてシロダーラで、その分の料金がかかってくるということがわかりますね。

なので、いくら時間がないからといって自宅で慌ててセルフキットで行うよりは、サロンで受ける方がオススメですが、興味がある方はマシンを買って試してみてくださいね。

アーユルヴェーダのシロダーラのまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、シロダーラの効果や効能と自宅で自分でやる方法や、オイルの作り方について詳しくお伝えしました。

シロダーラとは、アーユルヴェーダのエステで脳をオイルマッサージする施術のことで、神経疲労、頭痛、眠りの質改善や、ドライヘアをつやつやにしたりといったアンチエイジング効果も期待できるのでしたね。

また、男女かかわらず効果効能が得られて、仕事のパフォーマンスが上がるなどの嬉しい感想がたくさんありましたね。

そして、サロンで受ける場合は問診を受け、体質に合ったオイルを調合してもらい、マッサージの上でシロダーラを行うので1万円近くかかるとのことでした。

そんなシロダーラですが、自宅で自分で行いたい場合は、シロダーラマシンという市販の機械と太白ゴマ油などの油、サポートしてくれる人が揃えばできないこともないので、興味がある方はトライしてみてくださいね。